【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2005年02月28日

パヴレンコのサイトに写真追加

本業多忙につきお知らせだけ。

キーロフのパヴレンコのサイトに新しい写真が追加されておりました。
余力がないのでカタカナで書きますが,「フォトギャリー」の「ニューディレクション」のコーナーです。

なんて説明しているよりリンクを貼ったほうが早いな。えーと,こちらのページね。

メルクリエフとバイムラドフとソログープも写っているようですよん。

  

  

2005年02月27日

勝手にアフィリエイトしてくれるブログ(笑)

いろいろブログサービスがある中でここ(Seesaa)を選んだのにはいくつか理由がありますが,アフィリエイトOKだったというのは大きかったです。

で,研究してみたら,実はアフィリエイトOKなんていうものではなくて,積極的にアフィリエイトの仕組みが用意されておりました。

3つあるのですが,第1はですねー,自動的に「人気商品」リストが載るのですわ。
ところが,この人気商品というのが怪しくて・・・「セクシーショーツみえみえ」(←「すけすけ」だったかも)なんていう商品名が表示されてしまうのですわ。
で,あまりに恥ずかしいので,公開前に載せない設定に変更しました。

2つ目は,「ブログクリック」といって,さっきまで各ページの下のほうに載っていた広告なのですが・・・「キーワードマッチ型広告配信サービス」なのだそうです。
私が書いたモノに関連するサイトを紹介してくれて,クリックがあると宣伝料が入るという話だったので,「ほお,いいかも」と思ったのですが,なぜかウチのパソコンからは見えないの。

今日職場のパソコンから確認したら見えました。(なぜなのだろう???)
でも,紹介されていたサイトは「アルバイト先を探すなら」とか「若手経営者の商売の秘訣」とか「ホワイトデーのプレゼント」とか「スマトラ島沖地震義捐金」とか,「いったいどこが関連するんやねん」というものばかり。

まあ,スマトラ島沖地震に関しては,関連しなくても世の中のためになるかもしれないから,載せといてもいいかなー,と思ったのですが,勝手に配信されるから,それだけ選んで載せることができないし,そういうことでお金を貰うのもちょっとねえ。(それとも,これは公共広告だから収入にはならないのかな? まあ,この辺はアフィリエイト業界? の話だからおいといて,と)

おまけに,白抜きで載るから目立つんだわ。ええいっ,これじゃ背景色をサイトと統一した苦労が水の泡じゃないのよっ,というわけで,これも表示しないことにしました。
(さっき確認したら45円儲かっていたから,ちょっとだけ惜しい気がしたりして。あ,クリックしてくださった皆さま,ありがとうございました〜)

3つ目。
文中に勝手にリンク表示ができて,そこをクリックすると商品ページに飛ぶ。お買上があれば報酬がつく(らしい)。

これは傑作でした。
たとえば,↓に21日の日記があるでしょう? この中に私が張ったリンク以外に,「アフィリエイト」と「フランス」と「旅行」と「ギフト」という言葉にリンクができちゃった。

これは一応マトモなリンクだからまあいいとして,よくわかんないのは,おとといの日記の「のに」という単語に反応してリンクができたこと。(なぜ?)
一番笑ってしまったのは,5日の日記に「三浦さんご本人も」と書いたら(←ダンスマガジンの三浦編集長のことです。念のため),わはは「さんご」にリンクができて,さんご(染め)ブレスレットに飛んでしまうではないの。

というわけで,なかなか興味深いものはあるのですが,読む方には迷惑でしょうから,やめることにしました。
全部消すためには,記事ごとに手続きが必要みたいなので,そこまではしませんが,たぶん今後載せる分については大丈夫だと思いますです。

以上,「なんじゃこりゃ?」と思った方のために説明(釈明?)しておきました。
ご迷惑をおかけした方には失礼いたしました。

バレエの話題でなくて恐縮ですが,この週末は昨日の午前中しか休めなかったからこれで終わり。
(ちょっと疲れました。それはまあいいとして,来週の『三銃士』に行けるかどうかが深刻な問題なのよねえ)

  

  

本日のキーロフ

『ショピニアーナ/シェヘラザード/火の鳥』
アモソーワ,ジェロンキナ,トカチェンコ,ルジマトフ,コルサコフ,ヤコブレフ

ふーむ・・・ファルフさんの脚はもう回復したのでしょうか?

  

  

posted by 槻本 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

2005年02月26日

本日のキーロフ

『愛の伝説』 ロパートキナ,ドゥムチェンコ,クズネツォフ,シショフ
(これも写真が変わったかも〜)

  

  

posted by 槻本 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

マールイの夏公演

午前中はお休みだったので,2月分の日記をこちらにも載せてみました。
リンクを張りなおすのがけっこう面倒なので,皆さんご存知ですよね,というサイト(例・ジャパンアーツさん)については省略して,とにかく作業完了。

皆さんご存知,といえば,光藍社さんのサイトがリニューアルして,夏のレニングラード国立の公演についてもいろいろ載っておりましたね。

リニューアルのほうは,たしかにトップページは変わったが,中は以前と同じ雰囲気のような・・・。
ま,それはそれとして,ファルフさんは東京周辺で5公演に出演するみたいです。(フェロモンたっぷりの『パキータ』ってすごいコピーだよねえ。ちらしにもそう書くのだろーか?)

公演自体は7月半ばから8月半ばまでの長丁場のようで・・・首都圏以外の日程は不明ですが,地元や近所に来てくれるのかなー?

そうそう,今回の特色としては,シェスタコワの座長公演があることでしょうか。こちら
8月11日(木)のマチネ,文京シビックホールだそうです。

  

  

2005年02月25日

日記をブログにしてみました。

突然ですが,日記にブログサービスを使ってみることにしました。

練習してみた感じとしては,今までのやり方のほうが楽ではあるのですが・・・マメにカテゴリー分けを使えば,あとから自分の資料として使うのに便利そうだなー,と思ったので。外からでも書けるから,遠征中でも更新できますしね。
まあ,流行に乗ってみた,ということもあります。

やってみて不都合ならやめるかもしれませんが,サイトと似た感じに仕立て上げるのにものすごく手間がかかったから,その自分の努力に報いるために,しばらくはこれでやってみようと思います。
(いや,ほんと,面倒だったのよぉ。しかも,そもそものサイトに似れば似るほど,無味乾燥な雰囲気になっていく・・・。無料で使えるきれいなデザインがたくさんあるのに,なぜサイト内の統一性にこだわってしまうのか,と我ながら笑ってしまいますよ)

ええと,ブログだから,コメントとトラックバックの機能があります。
しばらくして言いたいことができたら,「ああせい,こうせい」とルールを作ったり,面倒のあまり機能を停止したりするかもしれませんが,とりあえずは,よかったら使ってみてくださいね〜。

そうそう,昨日までの日記はこちらです。
(過去の日記についてもなんとかこちらにも載せたいのですが・・・実現するかどうかは不明ですー。それより,書いていない舞台の感想が先だしねえ。いや,実のところ感想が見た舞台に遅れがちなので,ブログにして載せときゃとりあえずごまかせるかなー,という企みもあるのであった)


  

  

本日のキーロフ

『海賊』
ニオラーゼ,オスモルキナ,クズネツォフ,ボボフニコフ
(あれ? マリインスキーのサイトの写真,変わりましたか? タラソワのメドーラらしいですが・・・)

  

  

posted by 槻本 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

2005年02月24日

本日のキーロフ 

エイフマン・バレエ・シアター 『エカテリーナ大帝の息子(ロシアのハムレット)』 フリオ・ボッカ

   

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

2005年02月23日

DVDルジマトフ『ドン・キホーテ』はリージョンフリー♪

先日,「日々のいろいろ」というサイト(ブログ)さんから,ウチをリンクした旨のお知らせメールを頂きました。(ありがとうございます〜)

「大人からのバレエ」系やほかの話題も多いサイトさんなのですが,お知らせを頂いてあちこち拝見していたら,こういう話題がありました。

アマゾンで扱っている 輸入版のキーロフ『ドン・キホーテ(ルジマトフ主演)』DVDはリージョン1(北米向け)という表記だけれど,日本のプレーヤーでも再生できるらしい,とのこと。

私は映像関係には疎いので,機械との相性によってそういうこともあるのかな〜? と思っていたのですが,先ほどアマゾンのサイトを眺めていたら,リージョンフリーという表記に改まっておりました。

最初の表記は不審ですが(単なる間違いだったんですかね?),ルジマトフのファンにとっては朗報ですので,お知らせをいたします〜。

私はこれのビデオを持っているのですが(今後のことを考えると,DVDも買っといたほうがいいかしらん?),86年だか88年だかの収録だそうで・・・必然的にルジマトフは二十代前半。とーってもかわいいのですわ。
キトリのテレホワは見事な踊りの上に気の強そうな雰囲気がキトリにはまっていますし,街の踊り子はアスィルムラトワ,森の女王は新人(笑)マハリナ,という豪華キャストです。

画質や音質については,アマゾンのレビュー欄で,ご覧になった方が「悪い」と断言なさっております。演出は,キーロフですからねー,よく言えばオーソドックス,悪く言えば「工夫がない」だと思いますが・・・でも,とてもよい映像なのですよ〜。

というわけで,右のコーナーにも載せておきました。(←商売熱心)


◇追記
さて,ブログ移行を記念して,大きな写真を貼っておきましょー。

Don Quixote


  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映像(ルジマトフ)

本日のキーロフ 

エイフマン・バレエ・シアター 『エカテリーナ大帝の息子(ロシアのハムレット)』 フリオ・ボッカ

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

2005年02月22日

今日は少々機嫌が悪いです。

王子が出演する3月6日の牧バレエ『三銃士』に行けなくなりそうなのよぉ。ぷんぷん。
もしかするとなんとかなるかもしれないけれど・・・うううむ,経験則上どうも危ない気がするなぁ・・・。

まあ,じたばたしてもしかたないんだよね。
運を天に任せて,じゃなかった,運をお取引先様に任せて,なんとかなるよう祈っておきますわ。とほほほ。

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2005年02月21日

ダンスマガジン定期購読(送料無料,割引あり)

皆さまご存知のとおり,最近アフィリエイトでのお小遣い稼ぎにはまっております。(おかげさまで,アマゾンから合計10件ほど売上げがあったようで,ありがとうございます〜。楽天でお買物をなさるときもよろしく〜)

いろいろ情報収集している中で,ダンスマガジン年間購読というのを見つけたので,→に載せておきました。送料無料で割引があるようです。

年間購読ですし中途解約は不可能なので,内容によって買ったり買わなかったりする方には向かないと思いますが,私は書店に頼んで毎月取り寄せてもらっているので,安くて家まで届くほうがいいわね〜,と乗り換えることにしました。

まあ,安いといっても,新書館が最近始めた「年間購読メンバーズクラブ」と同じなので,そちらの特典が魅力的だと思う方は,もちろんそちらに申し込んだほうがよいですよね。
(新書館のサイトにリンクを貼りたいところですが,事前許可が必要みたいなので・・・。ま,皆さんアドレスはご存知ですよね。ダンスマガジンの次号予告のところにも載っていますし。しかし,それにしても,新書館のリンクポリシーって不審だわ。フェアリーもそうだけれど,営利企業にしてはいかがなものか,と)

さて,私が見つけたのは, /~\ Fujisan.co.jp という雑誌専門のオンライン書店です。町の本屋さんでは入手しにくい雑誌も揃えたサイトを目指しているみたい。

来月末発売分から注文したので,実際に頼んでどうだったかは,おいおいお知らせしますが・・・世間に広く知られた雑誌を出版している企業もおつきあいしているわけだから,たぶん大丈夫なのではないかなー。

ダンスマガジンは定期購読だけのようですが,首藤康之さんのインタビューが載った和楽のバックナンバーなんかも扱っています。あと,私は関係ないけれど,クロワゼも定期購読の対象です。(なぜかクララはない)

そうそう,NHKの語学講座のテキストも定期購読できるので,ロシア語を勉強してキーロフへ,フランス語を学んでパリオペへ,などという志が挫折するのが防げるかもしれませんねー。(今だとハンブルクがブームだから,ドイツ語でしょうかね? もっともドイツ旅行は,英語で大丈夫だと思うけれど)

現在,レビュー投稿で「すぐに使える1000円ギフト券」プレゼントを実施中だそうです。
ここをお読みの皆さんなら,ダンスマガジンのレビューを書くことなど簡単でしょうから,まず1000円割引メールをもらって,それを活用して定期購読を申し込む,というのもよいかも〜。

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダンスマガジン

2005年02月20日

ツィスカリーゼがデ・グリュー?

あちこちの海外サイトでマリインスキー国際バレエフェスティバルの情報を研究して,ページを更新して,念のため劇場のサイトを見たら,あら,そっちにもけっこう詳しく載っておりました。
あはは,無駄な作業をしてしまったわよ。ま,キャストなんかは載っていないから,調べた意味はあったかしらん。

最大の「ほほー」はボリショイのツィスカリーゼがデ・グリューを踊るらしいことです。よくわからないけれど,ボリショイのレパートリーにはないから,初役なのではないだろうか?
うーむ,うーむ・・・・・・さっぱりイメージがわかん。(大いに見てみたくはあるが)

研究の副産物 1
コールプのサイトとメルクーリエフのサイトとウルレザーガのサイトが行方不明になっておりましたよ。あらあら。

研究の副産物 2
ルジマトフが日本での『ジゼル』の直前にペテルブルクで「ルジマトフのすべて」みたいな公演をした,と聞いていたのですが,ご覧になった方の報告を発見。(Ballet Co. 掲示板キーロフスレッド

ルジマトフが踊ったのは,ソログープとの『バクチ』,『レクイエム』,ジュド・ルブロとの『ムーア人のパヴァーヌ』だったそうです。
ほかに,ルブロ/ジュド『アダージェット』,オブラスツォーワ/シショフ『眠れる森の美女』グラン・パ・ド・ドゥ,イオシフィディ/クズネツォフ『シェヘラザード』よりパ・ド・ドゥ,グメローワ『瀕死の白鳥』,オスモルキナ/サラファーノフ『ドン・キホーテ』グラン・パ・ド・ドゥ,ソログープ/メルクーリエフ『ミドル・デュオ』があったみたい。

研究の副産物 3

こういうものを見つけました。
どうも14日にエストニアのターリンでキーロフのガラがあったらしく,これは1月15日付けの「近くルジマトフが見られますよ」という記事みたい。
彼の出演は『バクチ』だけの予定だったようですが・・・うーむ,わからないけれど,たぶんキャンセルしたのでしょうねえ。なんというか,ターリンの皆さまにはお気の毒に思います・・・。

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

2005年02月19日

写真のページ

新しい情報ではないのですが,さっきチェックしたら,初めて見る写真がいろいろあったので。(いったいいつから見ていなかったのだろう?)

マリインスキー劇場ギャラリーのコーナー。

フォーサイスもたくさんあるし,去年のバレエ・フェスティバルのところにはパヴレンコ/スティーフェルの『バヤデルカ』とかヘレーラ/サラファーノフの『ドンキ』・『海賊』とかソログープ/ボッレの『マノン』とか,「バランシンの世紀」という催し(いつやったんでしたっけ? 白夜祭?)では,ロパートキナ/マルティネスの『ダイアモンド』とかファジェーエフの『アポロ』とかメルクーリエフの『フォー・テンペラメント』とかコジョカル/コボーの『スターズ・アンド・ストライプス』とか・・・。もちろんヴィシニョーワもたくさん登場しています。

キーロフのファンの方もそうでない方も,見る価値あると思いますよん。

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ

本日のキーロフ

シモノフ版『くるみ割り人形』 ソログープ/メルクーリエフ

      

  

  

posted by 槻本 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のキーロフ
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。