【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2008年11月30日

シュツットガルト『オネーギン』

昨日・今日と見てきました。
よかったですよん。

作品自体は期待ほどではなかったのですが(20年以上前の鑑賞初心者だったころに1回だけ見ていたせいで,脳内美化が進みすぎていたみたい),世界のスターダンサーたちがオネーギンやタチヤーナを踊りたいのはよくわかる! と思いました。

昨日のキャストは,ジェイソン・レイリー/スー・ジン・カン/マリイン・ラドメイカー/アンナ・オサチェンコ/ダミアーノ・ペテレッラ

今日は,フィリップ・バランキエヴィッチ/マリア・アイシュヴァルト/アレクサンドル・ザイツェフ/エリザベス・メイソン/ジェイソン・レイリー


私には,昨日のほうが感動できる舞台でした。
レイリーのオネーギンは,「傲慢を体現したよう」な普通のオネーギンのイメージとは違うのかもしれません。ノーブルではあるけれど,人間味もある感じ。分別からタチヤーナの恋を拒絶するけれど,それに対する彼女の過剰な反応に戸惑ってしまって,そういう自分を振り切るためにオリガにちょっかい出して・・・予想もしていなかった結末を迎えて,彼も深く傷ついたんだろうーなー,と。
3幕でのタチヤーナへの想いも真摯な感じで,だからこそそれを拒まなければいけないタチヤーナの辛さに感情移入できました。

バランキエヴィッチは「色男やなー」というか「要するに自分が好きなんだよね」というか「オネーギンらしいオネーギン」というか,えらいことジコチューに見えました。
終幕に至っても「進歩のないやっちゃなー」と思ってしまうナルシスティックな色男ぶりで,拒絶するタチヤーナに対して「うん。それでいい。それが当然の判断だ。幸せへの道だ」と応援したくなってしまう感じ。結末がハッピーエンドに思えました。(マクミランの『三人姉妹』みたいに,最後にご主人が登場するともっとよかったかも)

こういう印象になったのは,グレーミン公爵の違いがあるかもしれません。
昨日のペテネッラは長身でそれなりの存在感はありましたが,準ソリストという地位が頷ける程度の頼もしさ。
それに対して今日のレイリーは,2幕の芝居でも3幕のパ・ド・ドゥでも,「社会的地位もあり,タチヤーナを幸福に輝かせる愛もある」と思わせてくれたので・・・。(彼のサポートはすばらしいですね〜♪)

カン(が苗字なんですよね? 違う?)は,黒髪と黒い目の印象もあってか,引っ込み思案の文学少女のイメージがぴったり。(初演者のハイデも黒髪で黒い目ですよね)
一方,鏡のパ・ド・ドゥではかなりセクシュアルな雰囲気で「この少女が読んでいた本は,単なる甘ったるい恋物語ではなく,大人が読むべき本だったのかも?」と思わせてくれたのもよかったです。
ペテルブルクの社交界でのシーンで,東洋人の容姿が災いして少々地味に見えたのが惜しかったですが,成長して貴婦人になったのはわかりましたし,「手紙のパ・ド・ドゥ」での烈しさは見事。

アイシュヴァルトは,対照的に,3幕での夫とのパ・ド・ドゥでの艶と輝きがすばらしかったです。
その反面,1幕・2幕でもプリマの輝やきがある(妹より華やかに見える)のが欠点のようにも思えましたが・・・こういうことに文句を言うのは間違いのような気もしますしねえ。


オリガとレンスキー,コール・ド等については後日。
それにしても・・・オネーギンも困った人だと思いますが,レンスキーはそれに輪をかけた愚か者ですなー。

  

  

2008年11月19日

牧阿佐美バレヱ団「クラシックバレエハイライト 2009」

という公演があるそうで。


2009年2月11日(水・祝)14:00
三田市総合文化センター 大ホール

『白鳥の湖』第2幕,『くるみ割り人形』より「花のワルツ」など

チケットは5,500円。
発売中で,ぴあ,ローソンチケット,イープラスでも扱っているようです。
問合せ先など詳細は,こちらのページに載っております。


以前仙台近郊で似たような公演を見たことがあるのですが,上野/逸見の『白鳥』2幕が第1部で,第2部はパ・ド・ドゥや小品が上演され,草刈/ガリムーリンの『ドンキ』グラン・パ・ド・ドゥで終わりました。感想はこちら
(あ,「上野」というのは,現在東京バレエ団で踊っている上野水香さんですよ。←念のため)

パ・ド・ドゥ集の最後に,青山/小嶋の『ドンキ』グラン・パ・ド・ドゥなんか見られるととっても嬉しいんだけどな〜。でも,たぶん,『ドンキ』があるとしてもバジルは菊地さんになるだろうなぁ。
でも,何か踊ってくれないかな〜。いや,無理かなぁ。

などと,期待したり,期待を自ら打ち消したりしてみるわけですが,それ以前に,三田市というのは兵庫県なんだよねえ。遠いわねえ。
(ちなみに,「みた」ではなく「さんだ」と読むらしい)


ま,私の都合はそれとして,ホールのサイトに書いてあるとおり,「牧阿佐美バレヱ団の公演は関西では数少なく貴重です」ので,お近くの方はご覧になってはいかがでしょーか?

  

  

posted by 槻本 at 21:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | 牧阿佐美バレヱ団

2008年11月17日

黄凱客演『白鳥の湖』(仙台)

ハイパーウィンド第4回バレエ公演『白鳥の湖』
2009年1月31日(土)午後5時
イズミティ21大ホール

公募オーディションによる地元の出演者と東京方面からの男性ゲストによる公演(第3回までは『くるみ割り人形』で『白鳥』は初上演)

元演出:石田種生 演出・振付:金井利久

指揮:末廣誠 演奏:仙台フィルハーモニー管弦楽団

S席:6,500円(当日7,000円) A席:6,000円(当日6,500円)

プレイガイド:
藤崎 三越 イズミティ21 チケットぴあ(Pコード390-191) ローソンチケット(Lコード29219) イープラス

問い合わせ:ハイパーウィンド


ゲストは黄凱さんを始めとする東京シティのダンサーが中心で,牧の邵さんなんかもいます。
キャストは不明ですが,ジークフリートはもちろん黄さんだと思われます。

黄さんは,「立ってるだけで王子」度において逸見王子に次ぐ国内2位のダンサー(←当社独自評価)ですので,都合がつけば見にいきたいと思います〜。

  

  

posted by 槻本 at 23:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仙台バレエ公演情報

2008年11月16日

プハチョフ@アルベルトかマラーホフ@カラボスか

さっき休日出勤から帰ってきたら光藍社のDMがポストに入っておりまして,お正月のレニングラード国立の日本公演のちらしも入っていました。

この件に関しては,「ルジマトフが出る1/21のミハイロフスキー・ガラについては,見にいけるよう全力を尽くす。(水曜日なのはえらい迷惑だけどー)」という以外はなーんにも考えていなかったのですが,改めて眺めてみたら,おお,そうであった。『ジゼル』や『ライモンダ』にもプハチョフが主演する予定があるのであった。

『ライモンダ』は平日だから無理でしょうが,『ジゼル』は松の内の金曜日。仕事も多少余裕があるだろうから,金曜日の午後休む程度なら大丈夫そう。
ペレンのジゼルも見たことないし,よし,見にいっちゃお♪ チケットの残り状況はどうなのかなー?

と,小さく盛り上がったのですが,なんか引っかかるものがある。
なんかあったよなー? なんだっけなー? と(来年の手帳はまだ買っていないので)今年の手帳の末尾にある来年のスケジュール欄を開いてみたら,あら,ちょっとショックだわ。

東バ『眠り』の公演があって,しかもその日は,マラーホフがカラボスを踊るんだわよ。
これも見たいわよねえ。どうしましょ。

こっちもチケットは未手配だからその点はどうにでもなると思うのですが,うーむ,どっちを見たほうがより満足できるだろーか? というより,どっちを見逃したほうがより後悔するだろーか?? 

  

  

2008年11月13日

ボリショイの公演日程(愚痴)

私にとってはものすごく不都合なのを改めて発見。
チケット発売があまりに早かったので購入を見送っていたのですが,そろそろ予定を立てようかと思って詳しく見たら,あらまー,東京公演は全部無理だわ。

ジャパン・アーツさんは前回のマリインスキーのときも,「客が入りにくかろう」と誰もが思うロパートキナやヴィシニョーワのガラや「3日は無理では?」な『海賊』を平日夜に行い,安全パイの『白鳥の湖』だけ週末に上演するという謎の日程を組んだのですが・・・今回も似たような感じなのですねえ。

バレエファンの多くは見たいと思うであろうがバレエファンでなければ「それってナニ?」が懸念される『明るい小川』(というよりフィーリンのロマンチック・チュチュ姿?)や「3日は多すぎないか?」な『ドンキ』は平日。週末上京して見られるのは『白鳥』だけ。

で,その週末は,私は抜けられない仕事が入っているのよ。参ったね。

11/22〜24(三重&びわ湖)も無理なのですが(だから,シュツッツガルトの『眠り』やデュアトの『ロミジュリ』なんかも見られない),うーむ,12/13・14に大阪なら行けそう。
『白鳥』がアレクサンドロワ主演というのは,(今回の来日メンバーの中では)私にとってベストキャストだし,とかく話題になるシュピレフスキーの品定めができるチャンスだし,オシポワ/ワシリーエフの『ドンキ』は,彼らが若くて勢いがあるうちに1回見ておければ嬉しいし・・・。

が,その週末は東京では牧の『くるみ』が。
王子の出演の有無がわからないうちは大阪行きは決められないし,かりに出ないとしても,わかったときにはお安い航空券を手配するには遅くなってしまいそう。

困ったなあ。
私にとってボリショイは,パリオペやシュツットガルトよりずっと「見逃せない」バレエ団なのですが,結局見逃してしまいそうな気がしますわ。やれやれ。
(すみません。単なる愚痴です)

  

  

posted by 槻本 at 21:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | ボリショイ・バレエ

2008年11月09日

小嶋バレエ教室発表会(その3)

2008年11月2日(日)
第1部がバレエコンサートで,第2部が『白鳥の湖』2〜4幕

100人近く生徒さんがいるようで,たいそう盛大。
1時開演で,終わったのは6時前くらいだったでしょうか。

感心したのは『白鳥の湖』の独自色ある演出(江藤勝己さん)と,その演出のため必要な照明や装置がちゃんと準備されていたこと。発表会といえども,甘く見てはいけませんなー。

ということで,感想いきまーす。
(なお,松田敏子/小嶋直也の『ドンキホーテ』より についてはこちら

続きを読む

  

  

posted by 槻本 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会など

2008年11月06日

サイト開設7周年記念読者プレゼント

なんちゃって。

えーと,新国立劇場からセット券(マイ・ダンサー)のおまけ(その2)として,『アラジン』ゲネプロご招待状というものが届きました。
私には無理な日程だし,「下記の招待状をお持ちいただければ代理の方でも入場可とさせていただきますので」ということなので,ご希望の方がいらっしゃれば差し上げます。
(普通郵便になりますが,送料はこちらで負担いたします)

11月14日(金)午後2時開演(リハーサルのため,終演時間未定) 1名入場可

ことの性質上先着順というのも違うかなー? という気がするので,9日(日)の午後5時を締め切り時刻にしまして,希望者複数の場合は私のほうでどなたかを選ばせていただきます。

基本的には抽選にしようと思うのですが,恩ある方から申し込みがあったりすると優先してしまうかもしれないし,「最近失業してバレエのチケットを買うお金がないので」なんて書いてあったらそちらを選んでしまうかもしれないので,勝手に選ぶ,という条件にしときます。

間違いなく行けそうな方のみお申し出くださいませ。
件名には「ゲネプロ希望」のような,用件がはっきりわかる文字を入れてくださいね。(「はじめまして」なんかだとスパム扱いで削除してしまうので)
tsukimoto@personal.email.ne.jp


本来のおまけも届きました。
ダンサーのサイン入りカードで,もちろん小嶋さんのを頂きました。(ウルリック♪)

申し込むときに「希望したダンサーが来シーズン所属しなくなった場合は,改めてほかのダンサーにしていただくよう連絡する」とか何とか書いてあって,一抹の不安を感じつつ申し込んだのですが,踊る予定がなくても所属していればOKなのね。よかったわ。

って,よくはないよな。
たまには踊らせろっつーのよ。
コッペリウスを降板した理由がほんとに「体調不良」なら,なぜ今回キャスティングしないんでしょーねー。
ま,それにはそれなりの理由があるのでしょうが,全くもってほんとうに,もったいない事態だよなー。

というわけで,「小嶋直也さんの今後の舞台について(みんなで新国に投書しましょー運動)」のページ? を更新しました。
『アラジン』を見にいらっしゃる皆さん,よかったらアンケートに彼の舞台をまた見たいって書いてね。(もちろん,見たい方は,ですが)
よろしくー。

  

  

posted by 槻本 at 22:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2008年11月05日

小嶋直也のバジル(小嶋バレエ教室発表会・その2)

いや,それがもー,すっげーかっこよくてさー♪♪♪

うう,見にきてよかった、見られてよかった・・・と感激しつつ,やはり昨日も見たかった,見にいけばよかった・・・とかなり後悔もしました。
(片道だけ飛行機使うとおそろしくお金がかかるし,新幹線乗り継ぎは体力的にあまりの強行軍になるから諦めたんだけど・・・それでも見にいけばよかったかもなぁ。温泉はよかったけど紅葉は大したことなかったしなぁ)


踊り方はシンプル。びっくりするような大技を見せるわけではありません。(ついでに言えば,跳躍の高さも彼にしては・・・というか,
この間の『白鳥』より抑え気味)
で,シンプルだからこそ,一つひとつの動きの質の高さ・美しさが際立つ感じ。
いや,軽いよ。軽い。動きがものすごく軽くてスピード感があって,「そうそう,これが小嶋くんの踊りなのよね〜。これが好きなのよ〜」と。


ここまでは「期待どおり」なわけですが,「期待以上」だったのは見せ方です。
私,彼のバジルは全幕でしか見たことがないので断言はできないのですが,前はあそこまで芝居がかったかっこよさではなかったと思うのですよね。
なので,「ええっ? これ小嶋くんなの? ウソみたい。こんなに派手に見せてくれるなんてっっ」と。

  
 さて。長くなるので,続きはこちらで。

  

  

posted by 槻本 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2008年11月02日

小嶋バレエ教室発表会

見てきました。

小嶋さんのバジルは,期待以上のかっこよさで・・・またまた惚れ直しました。

見られて幸せだし,彼のファンになれたこと,ファンであり続けられたことも幸せ。そう思わせてくれるバジルでした。
大好き♪♪♪


詳しくは,たぶん明日書きます。(明日でなければ次の週末)

  

  

posted by 槻本 at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小嶋直也
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。