【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2009年07月28日

ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストとサンクト・ペテルブルグのダンサーたち 特別ゲスト・西島千博(その2)

第2部

『ディアナとアクティオン』
音楽:C.プーニ 振付:A.ワガノワ
オレーシア・ガピエンコ/アンドレイ・ベーソフ/サンクト・ペテルブルグ・コンセルヴァトワール・バレエ

コール・ドつきの上演は初めて見ました。
12人だったかな? の女性コール・ドは,デザインはディアナと似ているが装飾は皆無の白い衣裳。彼女に仕えるニンフたちなのでしょうね。(とすると,中の1人はシルヴィアか?)
アダージオで主役の周りに並んでポーズを見せるのが主な役割でしたが,主役2人のヴァリエーションの後に,コール・ドによる短い踊りもありました。

コール・ドの参加にパ・ド・ドゥの美しさをより高める効果があったとは思いませんが,このパ・ド・ドゥを見るときに忘れがちな,ディアナが(ギリシャ神話の世界で)非常に高位の女神であるという設定を思い起こさせるには効果があるかも?
舞台上に人がたくさんいるのは悪いことではありませんので,これはこれで結構だったと思います。

ガピエンコは,『くるみ』よりこちらのほうがより似合う感じ。軽やかでキレよい踊りでした。
なんとなく,90年代にルジマトフのパートナーとしてこのパ・ド・ドゥを踊っていたイリーナ・チスチャコワを思い出しましたが・・・そういえば,お顔立ちも似ていたかしらん。

ベーソフは,雰囲気的には王子よりはこちらのほうが似合っているように思いましたが,踊りはやはり頼りなく。
あと,衣裳がヘンでした。いや,アクティオンの衣裳というものは,そもそもビミョーなものではありますが,それにしても,赤いパンツはないだろうっ,赤はっ。


『眠りの森の美女』よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:P.チャイコフスキー  振付:M.プティパ
ヴィクトリア・クテポワ/ドミトリー・シャドルーヒン

よかったですよん。

クテポワはオデットよりオーロラのほうがずーっとよいですね。にこやかに踊っていて,初々しく愛らしいお姫様でした。
そういう風情はローズ・アダージオに適しているのであって,グラン・パ・ド・ドゥとしてはいかがなものか? とは思いますが,でも,お人形さんみたいにかわいらしかったから,これはこれで価値がありますよね。

シャドルーヒンがいっそう後退した髪に銀ラメを山ほどふって登場したのには意表を突かれましたが,さすがサポートは上手ですし,結婚式らしい幸福感の表出も申し分なく。
ただし,衣裳が・・・。銀系の簡素な上着なのですが,体型が如実にわかるというか,実際以上にお腹が太く見えるというか。(どちらなのだろう?) 全幕のときに着ているいつもの衣裳を選ばなかったのが不可解に思われました。


『ラ・シルフィード』よりパ・ド・ドゥ
音楽:H.ロヴェンショルド 振付:A.ブルノンヴィル
ユリア・ルンキナ/ミハイル・シヴァコフ

ルンキナというバレリーナは初めて見たわけですが,シルフィードは完全にミスキャストであるように思われました。
きちんと踊っているとは思うのですが,右手を左顎の前辺りに置く,あのシルフならではのポーズが全然愛らしくなく,蝶をつかまえたり,水をすくったりというマイムも全然愛らしくなく・・・えーと,もしかしてミルタさんですか? と。
おそらく顎が前に出ている立ち姿(ボリショイのアレクサンドロワのシルフも,この点が原因で似合っていなかったのを思い出した)と容姿が「いかにもベテラン」なのが悪かったのでしょうなー。

赤い上着に臙脂系のキルト,同じく臙脂系のハイソックスシヴァコフは,衣裳もジェームズという役もよく似合っていました。若くて元気いっぱい,無鉄砲なほどに前だけ見ている青年。チャーミング♪
ソックスとシューズの色が暗めで,足先が見えにくかったのが惜しかったですが,脚捌きが見事というほどではなかったから,まあ,いいか。というより,彼の踊りは「ロシアのダンサーが踊るブルノンヴィルはブルノンヴィルとは違うんだよねぇ」の典型みたいに見えました。いや,勢いがあって説得力あるとは思ったんだけどー。


『NEO BALLET〜牧神の午後』
音楽:C.ドビュッシー 振付:西島千博
西島千博

都会の片隅。カウチだけの殺風景な部屋。孤立した青年。フランス窓からの光とそこから見える風景だけが彼にとっての外界。生きることの意味。自分が何を求めているか自分でもわからないことの苦しさ。
・・・例えば,そんな風なものを表現したかったのかなー,と思います。

表層的な表現だという感想は持ちつつも,ジーンズに白いシャツの前をはだけた西島さんが演ずる煩悶し,苦悩する青春像には,視覚的魅力がありました。
私の王子がこれくらいお顔がよければ世間の評価はどんなことになっていたであろうか? などとつまらないことを考察するうちに,青年は窓のブラインドを閉じ,舞台は闇に。

音楽の途中で終わるのか? もしかして拍手したほうがよいのか?? と悩んでおりましたら,舞台は少し明るくなり,黒い下着1枚の西島さんの姿と,低めの中空に下ろされたバトン,そこに下げられたタオルが目に入りました,

あ,なるほどー。脱ぐための暗闇だったのね〜。そして,道具立ては十分。次は,ニジンスキー由来のあのシーンかしら〜。
という期待は裏切られず,青年はタオツを下半身に当てたのですが,ちょっと時間的に短すぎたような?(エクスタシーに至るには,それなりの時間が必要なわけで・・・)

作品の最後は,私には意味不明でした。
途中から舞台上2メートル程度に下げられていたバトンに片手でぶら下がり,ゆっくりと回転し・・・。前段のマスタベーションの段取りイマイチとあいまって,「はてさて,これは何の意味が?」で終わりました。


『シェへラザード』よりアダージョ
音楽:N.リムスキー=コルサコフ 振付:M.フォーキン
イリーナ・コシュレワ/ファルフ・ルジマトフ


すみませんが,本日はここまでとさせていただきますねー。
最後まで書きたかったのですが,明日はバレエフェスAプロ・・・ではなくて,MRBのガラを見るのです。
大阪は東京よりちょっと遠いので,体調も整えておきませんとね。

小嶋さんの『パキータ』を見るのは初めてなので楽しみです。正直,コール・ドへの懸念はあるのですが,それはそれとして,やっぱり楽しみです。

  

  

2009年07月26日

ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストとサンクト・ペテルブルクのダンサーたち 特別ゲスト:西島千博(前半)

2日目、2009年7月23日(木)のほうを見ました。
東北新幹線では停電による運休があったようなのですが,早めに出発したので,幸いにも影響なし。楽しんできました。

ところで,タイトルを書きながら悩んだのですが、「特別ゲスト:西島千博」というのは公演名の一部なんですかね? 普通に考えれば違うような気がするが、それを書かなければ、なぜ西島さんがそこにいるのかさっぱりわからんわけで・・・。ま、どうでもいいか。


第1部
『白鳥の湖』よりグラン・アダージョ
音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ,L,イワノフ
ヴィクトリア・クテポワ/ミハイル・ヴェンシコフ/サンクト・ペテルブルク・コンセルヴァトワール・バレエ

クテポワを見るのは初めてだったのですが,かねがね聞いていたとおり,「容姿はよいが踊りはまだまだ」という感じ。大味というか,情感に欠けるというか,オデットに見えないというか。
ヴェンシコフは,これってアルブレヒトだっけ? という感じ。恋に落ちていくというよりは,ナルシスティクに悩み苦しんでいるように見えて,何だか笑ってしまいましたよ。(ごめん)

コール・ドについてはですねー,私,以前に「ルジマトフ シェイクスピアを踊る」という公演でこのカンパニーを見ておりまして,そのときの印象からかなりの危惧をもって公演に臨みましたのです。で,予想(というより覚悟)よりはずっとよかったです。
まあ,クテポワと同じ意味で,白鳥には見えなかったですけれど,「こんなコール・ドならいないほうが・・・」というほどでもなく。


『くるみ割り人形』よりパ・ド・ドゥ
音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ
オレーシア・ガピエンコ アンドレイ・ベーソフ

私,以前に「ルジマトフ シェイクスピアを踊る」という公演で(以下同文)

ガピエンコはよいバレリーナですね〜。小柄・溌剌系の個性だと思いますが,元気がよすぎることは全くなく,どんな動きもコントロールが効いているので,安心して「きれいね〜」と見ていられます。
ベーソフは,王子という雰囲気ではなく,ソロも頼りなかったですが,リフト・サポートがよかったので,ま,いいか,と。
金平糖の衣裳は白だったかな? 薄いピンク? 男性は白基調で胸の辺りにV字に別の色が入っていた記憶が。


『海賊』よりパ・ド・トロワ
音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパ/V,チャブキアーニ
イリーナ・コシェレワ/西島千博/ミハイル・ヴェンシコフ

いやもー,抱腹絶倒。ぜんっぜん『海賊』になっとりませんがな。
ペレン/コルプの「お人形さん&奴隷商人」パ・ド・ドゥにもびっくりしましたが,今回のパ・ド・トロワは,それを上回るヘンテコさ。そうなった功績の第一は西島さんにありますが,ヴェンシコフも決して負けてはおりませんでしたよ。あっはっは。

あ,コシェレワは尋常でしたよん。
優美な上半身とプリマの落ち着き,伸びやかな踊りと温い笑顔。「キラキラなお姫様」ではありませんでし,そうですねー,「美しいギリシャ娘が聡明さと優しさで幸福を掴む」という感じかな? 私は彼女のファンですので,全幕で見てみたいなー,と思いました。
ところで,彼女はグラン・フェッテは苦手なほうなのかしらん? 以前黒鳥を見たときは特に気にならなかったのですが,今回は「おお,軸足がどんどん動いていくー」でありました。

で,西島さんのアリです。
終始満面の笑みで嬉しそうに踊っておりまして,(パ・ド・トロワでは珍しいが)パ・ド・ドゥではよく見る「元気溌剌と踊りまくる」系のアリに分類することもできそうなのですが・・・それでは形容しきれない面妖で個性的な表現でした。

ええっと・・・「ボリショイのツィスカリーゼが踊るアリ」をイメージしていただいて,そこから「バレエ的な美しさ」を完全にマイナスしていただくと,概ねの感じが理解していただけるのではないか,と。

そして,ヴェンシコフのコンラッドですが,西島さんに負けず劣らず「世界一美しいのは僕」という風情でして(事実,西島さんに比べれば,断然美しい),そして,とてもチャーミング。一方で,メドーラへの想いは全然見えない。
うーむ,これではコンラッドではないですなー。むしろ,(マラーホフ系の)ランケデムですなー。

なお,メドーラとコンラッドの衣裳は,たぶんマールイのデフォルト。アリは,金茶のハーレムパンツで装飾は腕輪。


『阿修羅』
音楽:藤舎名生 振付:イ岩田守弘
ファルフ・ルジマトフ

すばらしかったです。
2年前の「ルジマトフのすべて」で見て以来だったのですが,今回もほぼ同じ感想を持ちました。(当時の感想はこちら

今回思ったこと。

記憶違いかもしれませんが,前回見たときは,途中から「阿修羅」の文字が背景に現れたような気がします。今回は最初から舞台上にあって,このほうがよいなー,と。

「薄暗い」から始まり,情景に応じて色の変わる照明が効果的。(前回は気付かなかったのか? 改善されたのか?)

ルジマトフは筋肉増強? 今回は「研ぎ澄まされた肉体」というよりは,「質感ある仏像のような肉体」という感じでした。


『ドン・キホーテ』よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ
オクサーナ・シェスタコワ/ミハイル・シヴァコフ/ヴァリエーション:ナタリア・マキナ/サンクト・ペテルブルク・コンセルヴァトワール・バレエ

キトリは白いチュチュで髪に大輪の赤い花。バジルは白基調で控えめな金の飾り。スペイン風より結婚式らしさを重んじた衣裳で品がよく,上演全体としてもそんな感じを受けました。
ガラでの『ドンキ』については,私はもっとケレンのあるほうが好きですが(ソロに超絶技巧がないのはともかく,アダージオで片手リフトくらいは見せてほしいもんです),これはこれで立派な上演だったと思います。

シェスタコワは見事。
「お利口な優等生」という個性(←異論はあるでしょうが)を生かし,場を支配するプリマぶり。扇の使い方,音楽の見せ方,客席とのコンタクトの取り方・・・すべて行き届いておりましたし,いかにも「ロシアのバレリーナ」的な優美さですし。

シヴァコフもよかったですよん。
「もうちょっと踊れるともっといいんだけどー」とは思いましたが,ソロもパートナリングも安定していて,ここまで登場したダンサー(ルジマトフを除く←念のため)とは格が違う感じでした。
あ,でも,マッシュルームカットが持ち上がったみたいなヘアスイタイルは,要改善だと思いますー。

ヴァリエーションを踊ったダンサーについては,特に強い印象はなく。
コール・ドは,16人だったでしょうか? 場を華やかにしてくれるので存在意義はあったと思いますが,金色の釣鐘状チュチュで,いささか違和感がありました。


(2部については明日以降に〜)

  

  

2009年07月20日

小倉佐知子バレエスタジオ発表会(その2)

昨日は「驚いた」と書いたわけですが、落ち着いて考えると、そこまで驚かなくてもよかったというか、驚きすぎるのも失礼、という気がしてきました。
ま、それはそれとして・・・

幕が開くと、ディベルティスマンのソリストたちが板つきでポーズしておりました。市長(保坂アントン慶さん)が登場した後、スワニルダの友人たちが次々と登場し、市長にあいさつ。続いて主役2人が出てきたのですが、いかにも嬉しそう、幸せそうなカップルで、しかも小嶋さんは若々しくて・・・だから、驚いた、と。(うーむ、やっぱり驚いたのは失礼だな)

小嶋さんは白いパフスリーブの開襟ブラウスの上に、銀でちょっとだけ飾りのついた白いベスト、タイツももちろん白。
とても似合っていて、プロポーションのよさがいっそう際立って見えました。
スワニルダを踊った生徒さんも白いチュチュ。とても可愛らしくて小柄な方でした。(相対的に男性の背が高く見えるので、ファンにとっては好感度が高い)

2人は、膝を折って市長にあいさつしてから、下手にはけていくのですが、そこが「いかにもフランツ」で、さすがだなー、と思いましたです。
弾むような足取りでスワニルダの後から下がっていったのですが、最後に追いついて、恋人の背中に腕を回して袖に入っていったので・・・。
(こんなの初めて見たわ〜、とも思いましたが、そうでもないですかね?)


グラン・パ・ド・ドゥですが、アダージオでも、登場シーンと共通する幸福感があってよかったです。
これは、スワニルダの方の功績が大きかった気がします。どこがどうとは言えないのですが、見ていてほのぼの〜した気分にさせてくれるバレリーナさんだったのですよね。
小嶋さんももちろん嬉しそうな笑顔を見せて踊っていましたし、パートナーへの配慮あるサポートも愛のある雰囲気につながっていたのではないか、と。

ヴァリアシオンは颯爽とかっこよく。
最後の上手→下手のシークエンスで、出だしの「ん?」がラストの「おおっとー」につながってしまったのが残念でしたが、多少決めポーズでぐらついても手を突いたりしないで持ち応えるのはさすがだ・・・とファンとして誉めておきましょー。

スワニルダさんはプログラムによると平成3年生まれとのこと。高校3年生? 2年生?
最後を締めくくる作品の主役に選ばれるだけあるなー、という感じの踊り。落ち着きもあり、チャーミングで上手でした。

コーダは、ソリストが「入れ替わり立ち変わり」状態で物足りなかった・・・という話は昨日書いたわけですが、その点はありつつも、眼前に現れたモノについては最大限に楽しみました。

「そうそう、これが小嶋直也よ〜」的な身体の方向転換のキレには感嘆しましたし、「両膝を曲げてその場でジャンプ」とか「両手を上げてひらひら〜」などというカワイイ振付を楽しげに、かつ、美しく踊るのを楽しみましたし、上手から下手への、ハンガリー風なポーズから始まるかっこいい&スピード感溢れる 5秒? 2秒? のソロは「きゃあああ」でしたし。


うん。かっこいい人だし、稀有なダンサーだよね。

・・・と改めて思ったことでした。(見る度に、その種の感想を書いているような気がするが)

  

  

posted by 槻本 at 21:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2009年07月19日

小倉佐知子バレエスタジオ発表会(その1)

2009年7月18日(土)15:00 藤沢市民会館
小嶋直也さんが『コッペリア』3幕に出演するというので見にいきました。

こちらの教室はたいへんな隆盛でして、発表会の出演者は100人を軽く超え、複数作品に登場する生徒さんも多く・・・15分ずつの休憩3回を挟んだ4部構成で、所要時間は5時間半を超えました。

『コッペリア』は第4部ですので、始まったのは開演後5時間近い8時近く。
当たり前ですが、新郎新婦は最初に登場したあとはグラン・パ・ド・ドゥまで登場しないわけです。おまけに! 最近普通の『コッペリア』を見ていなかったので忘れていたのですが、グラン・パ・ド・ドゥのコーダは主役2人が踊るのではなく、ディヴェルティスマンの皆さんが次々踊り継いでいくのですねえ。

だものですから、イマイチ物足りないというか、かなり物足りないというか、「5時間待ってこれだけかよっ」と文句を言いたい気分になりました。
と言いつつも、(5時間待つくらいは問題ではない、という程度に)見にいく価値がありましたのです。


フランツを踊るのを見るのは初めてだったのですが、「小嶋直也が踊るフランツ」というモノについては、イメージがあまりわきませんでした。
というより・・・「今の彼にフランツが似合うのか?」という疑問のほうが大きかったというのが、正直なところ。

フランツは、王子でも貴族でも騎士でもないですからねー。軽はずみで浮気性なお兄ちゃんですからねー。
うーむ、似合うのだろーか??????????


とっころがですねー、おっどろいたことにですねー、登場したのは「いかにもフランツ」な小嶋直也だったんですよ。
・・・ああ、びっくりした。(よくも化けたもんだ)

(本日はここまで。明日に続く・・・予定)

  

  

posted by 槻本 at 19:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2009年07月15日

今週末は

小倉佐知子バレエスタジオの発表会がありますので〜。(念のため注意喚起)
http://homepage2.nifty.com/ogura-sachiko-ballet/

私も行くつもりでおります。

なお、ホームページには14時開演と記載されているのですが、先日主催者に問い合わせたところ15時開演とのことでした。
ほんとのところはどっちなのか? という不安はあるのですが、小嶋さんの登場は後半でしょうから、その辺は、まあ大丈夫でしょう。3時開演のつもりでスケジュールを立てよう、と。

  

  

posted by 槻本 at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2009年07月05日

牧バレエ『ジゼル』のチケットお譲りします。

ご無沙汰続きで申し訳ないです。

なところに、こんな記事でさらに申し訳ないです。


↓お申し出があったので消しました。

今週土曜日の牧阿佐美バレヱ団『ジゼル』のチケットを半額でお譲りします。
(要するに、またも見にいけなくなったのだ)


7月11日(土)14:30開演 新国立劇場中劇場
B席 2階1列20番台
青山季可/京當侑一籠/橋本尚美/塚田渉

定価6,000円を3,000円で。


7月11日(日)19:00開演 新国立劇場中劇場
S席 1階13列40番台
伊藤友季子/逸見智彦/佐々木可奈子/菊地研

定価10,000円を5,000円で。

送料と振込み手数料をご負担ください。
発送方法については、ご希望に応じます。特定記録・簡易書留・普通郵便・速達等、お申し出ください。

メールでのご連絡をお待ちしております。
tsukimoto@personal.email.ne.jp


いや、しかし、困ったもんです。
こういう状態である以上、今後は当日券勝負で行くしかないよなぁ、ということで、このチケットを処分すれば、手元に残るチケットは、MRBのガラのみになります。
が、その結果、世界バレエフェスを見損ねてしまいそうな気がする。うーむ、困った。

  

  

posted by 槻本 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 牧阿佐美バレヱ団
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。