【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2009年09月15日

DDD・10月号に王子ご登場

8月末の発売ですので,皆さんとっくにご存知かと思いますが・・・というより紹介があまりに遅すぎるのですが・・・近況を語るインタビューみたいな感じ。
写真は法村のサイトで見られるものと同じ。93ページです。(←立ち読みする方のために)

B002LC3Q74DDD (ダンスダンスダンス) 2009年 10月号 [雑誌]
フラックスパブリッシング 2009-08-27

by G-Tools


指導者兼業の効果とか,遠距離婚のメリットみたいな話もありますが,ファンにとっての最大の関心事である「体調はいかに?」については,「普通のクラシックバレエならほとんど問題ない状態」だとのことです。
(その「ほとんど」が曲者なんでしょうけどね)

で,「今回のようなチャンスがあれば,これからもどんどん踊りたい」そうですが,ううむ・・・「今回」というのは法村への客演のことを指していて(そもそも「関西バレエ通信」というコーナーなのだ),新国や牧で踊るということを想定していない気配です。

困ったもんですよねえ。
大阪で踊るのも結構ですし,私は喜んで見にいきますが,「ほとんど問題ない」のなら,時々は新国で踊っていただきたいものです。
(牧はどうでもいいです。客席の大半は広い意味での関係者だし,お弟子さんたちの機会を奪うわけにはいかないだろうし)


それはそれとして,ついでですから,DDD 10月号でのバレエ関係の記事を紹介しておきますね。

『兵士の物語』
インタビュー:アダム・クーパー ウィル・ケンプ

NYCB日本公演(2回連載の1回目)
インタビュー: ダーシー・キスラー アンドリュー・ヴァイエット ウェンディ・ウィーラン

NEO BALLET NIJINSKY
インタビュー: 酒井はな 西島千博
あえて形容すればチャイナ? な金の奴隷と『牧神』のニンフですか? なゾベイダの写真がフューチャーされております。

ファッション誌的な提供商品での装いのようなので(酒井さんのドレスは60万円!の品らしい)実際の舞台は違うのかとは思いますが・・・良く言えばファッショナブル,悪く言えば珍奇。
立ち読み(つーより立ち眺め?)の価値あり,だと思います。


  

  

posted by 槻本 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2009年09月13日

教えてください。熊谷和徳さんについて

熊谷和徳さんというタップダンサーがいらっしゃいますよね。

私はタップダンスには全く興味がないのですが,バレエの情報を求める中で,ダンス全般について多少は知ることになりますし,その中で,この方のお名前はよく聞きます。

ただ,この方仙台出身だそうでして・・・お名前に接する機会が多いのが地元出身だからなのか,それとも真に全国的・国際的に名のある方なのかがわからないのです。

もしタップについても詳しい方がいらっしゃったら,教えていただけないでしょうか?

高名な方であるにしても,その中身はいろいろだろうと思います。
例えば「日本を代表するバレリーナ」であっても,吉田都さんと草刈民代さんでは意味合いが全然違いますよね。
斎藤友佳理さんなのか上野水香さんなのかで全然違うし,酒井はなさんということもあるかもしれない。もしかして竹島由美子さんということも? (ないとは思うが)谷桃子さんや森下洋子さんだったら,それはそれで素晴らしい。

というようなニュアンスも含めて,教えてくださる方を求めております。
無理かもしれませんが,助けてくださる方がいらっしゃればよろしくお願いします。

メールかコメントをお待ちしております。
ZQ6N-MTU@asahi-net.or.jp

よろしく〜。

  

  

posted by 槻本 at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑談

2009年09月10日

更新記録

数か月ぶりかしらん? サイトの更新をいたしました。

7月の「ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストとサンクト・ペテルブルグのダンサーたち」の感想です。
ブログに書いたことに,コシェレワ/ルジマトフの『シェヘラザード』の感想を加えました。

こちらです。よろしければ,どうぞ〜。

  

  

posted by 槻本 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファルフ・ルジマトフ
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。