【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2010年02月19日

バンクーバーオリンピック フィギュア男子フリー

12時30分ころ仕事を終えて,急いで帰宅したのですが,いやもうびっくり。 
なんと,タクシーのラジオで! 男子フリーを実況中継中でした。

音楽を背景にアナウンサーが一人でひたすら説明。
「トリプルアクセルの予定がダブルアクセルになりました」
「続いて,シットスピン。今,軸足を右から左に変えました」
「大きく腕を広げてゆったりと滑っています」等々。

結局よくわからないわけですが,まあ,それなりに雰囲気はわかる。野球や相撲よりはわかりにくいですが,サッカーよりは遥かにマシに思われました。
仕事中だがラジオは聞ける状態の方にはそれなりに有効でありましょう。(観戦はできなくても応援はできるしね)

とは思うものの,これ,どの種目もやってるんですかね?
アイスダンスだけは「さっぱりワケわからん」になりそうというか,アナウンサーも描写に窮するのではないか,という気が。


さて,第3グループ,アモディオ選手の演技の途中から見ました。
初見。ピエロ系のプログラムは好きではないのですが,たぶん「表現力あり」の評価になるのだろうというか,その辺に自信があるから選ぶのだろうというか。
フランス代表だそうですが,東洋系?な容姿。でも,ラテン系のようでもあり。


チャン(カナダ) 7位→6位
音楽:オペラ座の怪人(を編曲?) 
この方,ただ滑っているときがとってもきれい。スローパートも表情があってすてき。
ジャンプやスピンは記憶に残らなかった,フリーだけなら4位だそうだから,きっとうまかったのであろう。(でも,高橋より上ってヘンではないか? 地元代表へのご祝儀?)


ブレジナ(チェコ) 9位→10位
音楽:パリのアメリカ人
お,この間NHK杯に来てたきれいなジャンプの彼だ♪
衣裳もカワイイし,金髪くんだし,ジャンプが高いし,溌剌としてるし,よいな〜,と見ていたら,なぜか後半は崩壊。
「大舞台で滑りきる力がまだない」という感じ?


最終グループ

ライサチェク(米) 2位→1位
音楽:シェヘラザード
黒の衣裳がよく似合うというか,黒以外似合いそうにないと言うか。濃いなー,髭もお顔も。蜘蛛男のように腕も脚も長い。
演技は連続ジャンプで1回「おおっと」があった以外は完璧。見事。好みではないが,すばらしい。(4回転なし)
最後,高速スピンの最中に拳を突き上げちゃったよ。ジャンプのあとのガッツポーズはよく見るが,スピン中というのは初めて見たかも?


織田 4位→7位
音楽:チャップリンのメドレー
このプログラムはいいよね。衣裳も振付も,彼の個性に似合っている。前髪も下ろしているほうがカワイイし。(かわいく見えすぎて,中高生みたいなのが難か?)
靴紐が切れるというアクシデントにも動じずきっちりと演技して立派。

この方涙腺が弱いから,終わったあと泣くんじゃないかと心配したが,それはなし。が,結局,インタビューで泣く。
スポーツ選手の価値は競技中に評価すべきであって,ズボンの腰ばきとか試合後の涙とかをアレコレ言うのは品がないかもしれないが,ほんとによく泣く人だよねえ。嬉しくても悲しくても口惜しくても泣く。悪く言えば情けなく,よく言えば多感な少年のよう。


ランビエール(スイス)5位→4位
音楽:紹介がなかったと思うが,オペラ音楽?『椿姫』の乾杯の歌(だっけ?)ほか
ジャンプは終始危なっかしく(4回転あり),スピンは終始すばらしく美しい。特に,回っているときの手の動きの美しさ!
この方は,プルチェンコと違って,プロでショーに出ていたことによって得たものを見せてくれたと思う。


高橋 3位→3位
音楽:映画音楽「道」
衣裳がちょっと変わったみたい。テイストは前のと似ていて,どっちにしろあまり好きではないが,似合っていないわけではない。ヘアはすてき。

4回転は転倒したし,途中のジャンプも「おおっと」とか「ん?」もあったし,スピンも「彼にしては」だったし,最後のステップは「体力でなく精神力で滑ってる」みたいに見えたけれど,それでもあれだけ点が出るのは基礎点が高い=実力が高い ということなんだよね。(ほんとに感心した)
終了直後に派手に喜んでみせ,得点が出る直前まで,大成功だったと印象付け続けた演技力もすばらしいと思う。

4回転を跳ぶと決めて全然揺るがなかったこともスゴイが,4回転で失敗してもその後に全然影響しなかったこと(失敗も可能性として織り込んであったのであろうこと)が,それ以上にスゴイと思う。
そして,それでもメダルを取れるくらいのスケーターであることが一番スゴイわけで。

このプログラムについては,映画のストーリーとは結びつかない謎の振付だという気もしていたし(ピエロ系が苦手ということもあり),あまり好きではなかったが,今日の説得力は感動もの。


ウィアー(米)6位→5位
音楽:はて? 忘れたみたい。
好みではないし,きれいとも思わないが,ノーミスに見えた。(4回転なし)が,点数は伸びなかった。
素人には不可解。明快なる解説者本田氏からも説明はなく。基本的にスケーティングがイマイチとかであろうか?
キスアンドクライで,真紅のバラの冠をかぶって手にも大輪の真紅のバラ。すばらしく似合っていたよね。


プルシェンコ(露)1位→2位
音楽:曲名は忘れた。アルゼンチンタンゴ
ジャンプは「ん?」があちこちに。ほかも,特には感心できず。もちろん上手いけど・・・。本田さんが「プルシェンコらしくない」と意外そう(というより,不本意そう)に言っていたのが,事態を表していたのでは?
ものすごく勝手な憶測ですが・・・王者プルシェンンコに常に負け続けてきた本田さんにしてみれば,こんな彼は見たくなかったんじゃないのかなぁ?


それにしても,疲れました。
高橋選手が滑り始める瞬間,ポーズを取っている胸から上がアップになったのですよね。そのとき,指先が震えてるみたいに見えて,切ないくらい心配になってしまって。

そういうのって老婆心・・・というか,私が心配してどうなるものではないのはわかっていますが,でも,心配したし,疲れました。
演技中も疲れたし,点数を待っている間も疲れたし,ウィアーの得点が出るまでもほんとに疲れた。

銅メダルが決まったときはほっとしたし,ご本人がにこにこしているのを見て,さらにしみじみほっとしました。普通の日本人選手ならめでたい気分になるのですが,なまじファン意識が芽生えると,それではすまなくなるのですよね。

メダルを狙えるような日本人選手のファンになると消耗するので,今後はなるべく避けようと思いましたよ。(体操の笠松選手のときもけっこう消耗したんだよなぁ)

いや,その前に。高橋くんはまだ引退しないんですよねえ。あはは,避ける以前の問題だな。
オリンピックほど疲れる試合は4年間はないわけだから,ま,いいか。続きを読む

  

  

posted by 槻本 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年02月18日

フィギュア男子フリー 各選手の登場予定時刻

明日はいよいよ,男子フリーですね〜。

「高橋くんのちょっとファン」程度の私でもドキドキするのですから,各出場選手の熱心なファンの皆さんはさぞかし,と推察いたします。
(選手の皆さんはもっと大変であろうが)

明日の午後休みをとるよう企画調整中なのですが,それにつけても気になるのは,各選手の登場時刻。

タイムテーブルを探していたら,ありました♪
http://www.isuresults.com/results/owg2010/owg10_Men_FS_TimeSchedule.pdf
(別窓で開きます)

時差は17時間だそうなので,アボット(11:21)やジュベール(11:46)を見るのは難しそうですが,最終グループは最初のライサチェクが13:15から。
うむ。何とかなりそうだな。
やっぱり休んじゃおうっと。(らん)


ショートについての感想
プルシェンコ こんなにスピード感のない選手でしたっけ?
高橋 ますます色気が出てきたな〜。やっぱ好きだな〜♪
ランビエール 後半は見事。美しい。ジャンプのミスが惜しまれる。
織田 立派だったと思うが,衣裳が似合っていない。
ジュベール こういうこともあるんですねえ・・・。
チャン 初見。品のよさが貴重だと思う。
ウィーア 好みでない。(すみません)
ライサチェク こちらも好みではないが,たいへん上手いと思う。
アボット あらら,彼も・・・。

  

  

posted by 槻本 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2010年02月13日

オリンピック開会式に,服部有吉&アルバータ・バレエ登場

バンクーバー・オリンピックの開会式を眺めておりましたら,「モダン・バレエの出演はお隣,アルバータ州のバレエ団」とか何とかいう説明がありました。
も,もしかして服部さんのいるバレエ団?? とにわかに画面を注目。

果たして登場しました。
たぶんNHKの独自カメラだったのでしょうズームアップもされまして(経歴なども紹介),さすがのキレある踊り。
ラスト(日本向けではなく代表カメラだと思う)では,中央の高いところで踊る中心に見えました。芯でないにしても,センターに位置する6人の中にいたのは確かです。(実力からして当然ですよね)

なお,アナウンサーの説明によると,アルバータ・バレエには日本人ダンサーが4人いるそうです。
(世界中の中堅バレエ団はそういう状況なのかもなぁ,なんて思いました。実際のとこはわかんないけどね)


バレエは,選手入場が終了して始まったアトラクションの第2場という感じです。
開会式は,日本TV系で現在放送中。(ダイジェストだから,バレエが映るかは不明) NHKは,7時半から再放送するようです。
見逃した方は,是非に〜。


ついでに,どうでもいい話。
日本選手の好調が伝えられるジャンプ・ノーマルヒル予選ですが,予選3位の選手はドイツ代表ノイマイヤーさんだそうです。
服部さんを見た直後ということもあり,なんだか「おおっ」と思ってしまいましたよ。
(本選でも応援・・・まではいかないが,注目してみましょー)

  

  

posted by 槻本 at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ一般

2010年02月11日

映画「シャネル&ストラヴィンスキー」

先週見ました。

『春の祭典』初演の様子(「バレエ」的でない振付と音楽に騒然とする客席など)が再現されていて,興味深く,楽しく見ました。
例えば,拳を頬に当てて首を傾ける振付に対して,客席から野次が飛ぶのですよ。「歯医者に行け」だそうで,あははは,うまいねえ。

ネタバレ案件だし,映画総体としてはあんまり誉める気もしないので,差し支えない方だけ,続きをお読みください。

  
  
  
続きを読む

  

  

posted by 槻本 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | バレエ一般
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。