【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2010年03月29日

フィギュア世界選手権男子・高橋大輔優勝♪

年度末で忙しくしております。

ということもあって,ショートプログラムは木曜深夜にTVをつけたらあら,丁度そのニュースだったわ♪ という感じで見ました。(もちろんフジテレビ系です)
高橋選手以外は「ほんのちょっと」という感じでしたが,でも,外国の選手も見せてくれるのが有難く。

小塚:4位。オリンピックより上達? 自信がついた?
織田:?位。予選落ちという衝撃の事態。ジャンプが軒並みシングル。転倒でさえない・・・というのも変だが,「こういうことがあり得るのか?」と。

チャン:2位。87.80。ただ滑っているときはきれいなのに,ジャンプすると突如として腕が棒みたいになるのが不思議。
ジュベール:3位。87.70。4回転成功。ジャンプが決まる度にガッツポーズ。「困ったもんだ」とは思いつつ,とても嬉しそうな表情に心和む。

高橋:1位。89.30。オリンピックのときに比べるとキレがないようには思ったが,「さすがの貫禄」という感じ?
表彰台の常連で優勝したこともあるジュベールと昨年2位のチャンがいるけれど,でも高橋が上なんだよね,という気がするのは,ひいき目というものであろうか?


で,フリーは早起きして生中継を見ました。
5時半の放送開始から・・・とも思ったのですが,何しろ前の晩が遅かったので,挫折。最終グループの最初から・・・というつもりだったのですが,TVをつけたら,アボットの演技が始まっておりました。

アボット:6位+6位=5位 232.10
優美でよかった。

小塚:4位+12位=10位 216.73
転倒などジャンプの失敗多く。硬かった・・・。メダルが見えたからこその緊張なのであろうなあ,と。

ジュベール:3位+4位=3位 241.74
4回転はコンビネーション含めて2回成功したが,3回転で転倒あり。もったいない。この方,ジャンプの前の「助走してます」が長いのが欠点なのではなかろうか?

チャン:2位+2位=2位 247.22
きれいだとは思うのだが,なぜにこんなに点が出るのか不思議でもある。オリンピックのときはご当地加点だろうと思っていたのだが,どうも違うらしい。

ブレジナ:5位+3位=4位 236.06
高くて大きいジャンプ♪ ジュベールや高橋よりきれいだと思う。その他の技も磨いて,より高位を目指してね。

高橋:1位+1位=1位 257.70
すばらしい♪ マイムがオリンピックのときより自然で大きい。若しくは大きく見える。
(決まれば史上初という)4フリップの回転不足?両足着地? と3+3が「おおっと」だった以外はすべて完璧に見えた。
チャーミングでユーモラスで甘やかで,ラストは感動的。オリンピックのときよりもっとよかった。


ということで,高橋選手が世界チャンピオンになって,その瞬間を生で(いや,TVを通してだけど,時間的には生だ)見られて,とっても幸せになれたのでした。
おめでとー。そして,ありがとー。

  

  

posted by 槻本 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談

2010年03月14日

パリオペ『シンデレラ』 ジロー/パケット

ハリウッドがどーしたとか,映画がこーしたとかを忘れて単純に楽しむことにしたら,昨日以上に楽しかったです。
要するに,主役2人の踊り以外は,ドタバタ喜劇なんだね。うん。

そもそものシンデレラでは,お義姉さん2人(とお義母さん,ダンス教師?)がドタバタを担当しているのに,アシュトン版はナポレオンとウエリントンを足した。
そして,ヌレエフ版は,映画監督と助手も加わり,ダンス教師は2幕以降も大活躍し,撮影中の映画の「囚人と看守」やキングコングなども参加。ついにはシンデレラを探し求める王子の友人や王子ご本人の振付までお笑い化。

ああ,面白かった♪

続きを読む

  

  

posted by 槻本 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ・オペラ座バレエ

パリオペ『ジゼル』をどうすべきか?

目前に迫っていますが、未だにチケットの手配をしていない私なのですが・・・。

ミルタはジロがいいなぁ。
ペザントでティボーが見られると嬉しい。
主演はデュポン/ル・リッシュがベストだが、ルテスチュ/マルティネス以外ならOK。

この条件を満たす組み合わせって、人気殺到・プラチナチケット化しているデュポン/ル・リッシュの日しかないんですよねえ。
それは、たぶん無理。

ミルタとペザントを優先すれば、土曜マチネのルテスチュ/マルティネスになりますが・・・去年のバレエフェスでの上演の感じからして、到底私の琴線には触れそうにもないんですよね、このお2人は。

どうしよう?
脇にはこだわらないで、主演重視でムッサン/ペッシュという選択をするのも一法かもしれませんが・・・とか悩んでいたら、あれ? ペッシュは今日のマチネの家庭教師役を降板したのだそうですね。

ますます変動要素が増えてしまいました。
もう数日様子を伺うことにいたしましょうかねえ。

  

  

posted by 槻本 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ・オペラ座バレエ

2010年03月13日

パリオペ『シンデレラ』 ムッサン/ガニオ(とりあえずの印象編)

なかなか愉快な作品で、面白く見ました。

往年のハリウッド映画がお好きな方はものすごく楽しいんじゃないかな?
私はその点非該当なので(チャップリンもアステアも好きじゃないし、そもそも大して映画を見てないし)、「ふーん。よくわかんない」という感じでした。

でも、(往時より小粒になったとはいえ)エトワールが5人、プルミエが4人も出る豪華キャスティングだし、いつもどおり(いや、いつも以上?)の大物量作戦でたくさん人が出てきてたくさん踊るし、装置は大がかりだし、舞台上のあっちこっちでいろんなことをやっているし、上演時間は3時間近いし、ムッサンは優美だしガニオはっかっこいいし・・・全体として納得がいく感じ。

これならS席2万5千円でもOKだよね、という舞台でした。

  

  

posted by 槻本 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ・オペラ座バレエ

2010年03月11日

モスクワは大阪よりずっと遠いが・・・小嶋直也出演情報

ボリショイの岩田さんのインタビュー(聞き書き?)が毎日新聞で連載されました。
小嶋さんについても言及がありまして,2回目6回目

で,6回目を読みますと,あらまー,我が王子は5月にモスクワで踊るのだそうです。(岩田さんの在ロシア20年記念公演に出演)
MRBのブログにも,その準備についての記載が多少あります。

まさかモスクワまで見にいくわけにもいきませんが・・・ん? 5月???
もしかしてゴールデンウイークだったりするのだろうか?

・・・まあ,実際には見に行けないとは思いますが,もうちょっと詳細を調査してみましょー。

  

  

posted by 槻本 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小嶋直也
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。