【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2011年01月30日

日本バレエ協会『ドン・キホーテ』

見てきました♪

小嶋さんのエスパーダは,もちろん,とっても,かっこよかったです〜。

1幕は,白いタイツに白いボレロ,ボレノの下は真紅が鮮やか。マントは,表が白で裏が赤。
闘牛士たちを従えて前に進み出て,すっと伸ばした脚の美しさ♪ マントを身体に巻きつけて,メルセデス(街の踊り子)の踊りを見ている立ち姿♪

2幕(酒場)は,やっぱり白いタイツに上半身も白。ボレロも白に金。(1幕と同じか? いや,違うか?)
バジルと交互に同じ技を見せ合うような振付もあって,もしかするとこの幕はバレエシューズだったのかなぁ? 跳躍の連続で舞台を斜めに横切って,最後は空中で止まってみせたりしておりました♪

3幕は,2幕と同じ衣裳で登場し,ファンダンゴを踊りました。
普通のファンダンゴより,技術的に難しそうな踊り。トゥール・ザン・レールもあったし,メルセデスのウエストをホールドしての長いリフトもあったし。

踊り終えた後は,キホーテ主従+ガマーシュ+ロレンツォといっしょに,舞台中央奥のテーブルで宴会? しながら,グラン・パ・ド・ドゥを見ている形。
そのときの,座り姿(?)が決まりまくっておりました。これぞ「端正」みたいな。


というふうに,エスパーダの出番が多かったので,大いに楽しみました。
演出も独自色があって楽しかったのですが,その辺りは(可能なら)後日に〜。
(あ。主役の話もすっとばしてますね)

風邪気味なので,早寝いたしますです。

  

  

posted by 槻本 at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2011年01月29日

小嶋直也出演予定(3月・発表会)

日本バレエ協会『ドン・キホーテ』が明日ですが,その次になるのかな? な出演予定をお知らせいただきました。

小倉佐知子バレエスタジオ第23回発表会
2011年3月19日(土)開演15:00
藤沢市民会館大ホール 
入場無料

http://homepage2.nifty.com/ogura-sachiko-ballet/news.html#news6
(別窓で開きます)

お知らせくださった方によりますと,小嶋さんの出演は『ラ・シルフィード』パ・ド・ドゥなど だそうです。


【私信】
お知らせメールを下さった方へ
お礼の返信を送ったのですが,不着通知が届きました。こちらからのメールは届いていないかもしれないので,ここでお礼を申し上げます。
ありがとうございました♪

  

  

posted by 槻本 at 13:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小嶋直也

2011年01月11日

ミハイロフスキー仙台公演『白鳥の湖』 シェスタコワ/ルジマトフ

いつものことながら,ご無沙汰をしております。

老父が大晦日から体調を崩しまして,なんだって医者が休んでいるときにこうなるのだ? 2日は大宮まで遠征しようかと思っていたのに,それどころではなくなってしまったではないか。迷惑な人だ・・・などと,ぶつくさ言いつつ(もちろん病状も案じつつ)そうこうするうちに,結局正月3日に入院。
それ以来,1日おきに,病院泊まりと新年会の日々で,ほぼネット落ちの状態で暮らしておりました。

とはいえ,出勤と新年会は可能な程度の病状なわけですから,昨日のレニングラード国立バレエ仙台公演は見にいきました。


昨日の『白鳥の湖』は,一言で言えば「a boy meets a girl」の趣。
王宮の中で伸びやかに育った王子が,ふとしたきっかけで出会った女性に夢中になり,その恋につけこんだ悪魔の姦計に陥り,それでも恋を貫いた結末は,愛しい人と滅びの道。
しかし,全編が終わった舞台上に現れたのは,来世で結ばれた2人の姿であった・・・みたいな。

ラスト,舞台奥の湖に向かって沈魂を舞うコール・ドを背景に,左右から主役2人が現れて,ポーズイをとったときには仰天しました。
これって,悲劇の極地のボヤルチコフ版ではなかったのか? 勝手に結末を変えたのか?? いいのか???

でも,そこまでに2人が見せていた表現・・・ひたすら惹かれあう2人・・・を思い返すと,これしかないラストのような気もします。
宿命とか呪いとか運命とか,そんなのなかったもんね,昨日の舞台には。
あったのは,純粋な恋。互いを求め合う2人。

(ルジマトフの負傷とか,シェスタコワの不調とかがあったから,絶賛する気はしないけれど)純愛物語として完結した,良い舞台だったと思います。

  

  

【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。