【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2011年01月30日

日本バレエ協会『ドン・キホーテ』

見てきました♪

小嶋さんのエスパーダは,もちろん,とっても,かっこよかったです〜。

1幕は,白いタイツに白いボレロ,ボレノの下は真紅が鮮やか。マントは,表が白で裏が赤。
闘牛士たちを従えて前に進み出て,すっと伸ばした脚の美しさ♪ マントを身体に巻きつけて,メルセデス(街の踊り子)の踊りを見ている立ち姿♪

2幕(酒場)は,やっぱり白いタイツに上半身も白。ボレロも白に金。(1幕と同じか? いや,違うか?)
バジルと交互に同じ技を見せ合うような振付もあって,もしかするとこの幕はバレエシューズだったのかなぁ? 跳躍の連続で舞台を斜めに横切って,最後は空中で止まってみせたりしておりました♪

3幕は,2幕と同じ衣裳で登場し,ファンダンゴを踊りました。
普通のファンダンゴより,技術的に難しそうな踊り。トゥール・ザン・レールもあったし,メルセデスのウエストをホールドしての長いリフトもあったし。

踊り終えた後は,キホーテ主従+ガマーシュ+ロレンツォといっしょに,舞台中央奥のテーブルで宴会? しながら,グラン・パ・ド・ドゥを見ている形。
そのときの,座り姿(?)が決まりまくっておりました。これぞ「端正」みたいな。


というふうに,エスパーダの出番が多かったので,大いに楽しみました。
演出も独自色があって楽しかったのですが,その辺りは(可能なら)後日に〜。
(あ。主役の話もすっとばしてますね)

風邪気味なので,早寝いたしますです。

  

  

posted by 槻本 at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小嶋直也
この記事へのコメント
小嶋さんの軽やかな足さばきはラシルフィードで、ドンキは長い滞空時間の跳躍技巧を見れました。、一瞬が永遠とかします(゜ロ゜)高校、大学とダンス合宿した志賀高原もバックの景色が変わると固定してた観念が壊れて若返った気になります。
Posted by Mc 浜 at 2012年06月17日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。