【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

  

  Amazon.co.jp商品検索 Powerd by Amagle

 

2008年12月31日

来年もよろしく〜。

最近はろくに更新もしていませんのに,今年も多くの方にご訪問をいただき,厚くお礼申し上げます。
来年も,こんな調子だろうと思いますが,おつきあいいただければ幸いです。

今年見た舞台については,サイトのこちらのページです。(ブログだけじゃなくてサイトもやってると,年末にわざわざ作らなくてすんで便利だわね)

マイ・ベストは,見ていただけばわかるように,マラーホフが吉岡さんと踊った『ジゼル』です。(すばらしかった!!)
その次は・・・これも,見ていただけばわかりますよね,バーギンガム『美女と野獣』と,コゼット/ル・リッシュの『ル・パルク』・・・というより解放パ・ド・ドゥと,ラム主演の『シルヴィア』とカン/ライリーの日の『オネーギン』。

そういう舞台と全然別の意味で私にとって忘れられないのは,小嶋直也さんが久々に主演者として舞台に立った『白鳥の湖』と,これも久々に見せてもらった『ドン・キホーテ』パ・ド・ドゥですが・・・それを(例えばダンスマガジンが書いたように)「復帰」の舞台だと思える状況であったなら,今とは全く違う幸せな気分で年の瀬を迎えられたでしょうし,このブログももっと元気に更新する日々だったろうと思いますが・・・ま,そんなこと言ってもしかたないですね。


新しい年を迎えるに当たり,小嶋さんが,ご本人にとって本意であるとともに,観客にとって今より喜べるような方向で活躍してくれるよう,そして周囲の状況がそれを助けるよう,心から祈ります。

読んでくださる皆様には,2009年がすてきなバレエの舞台に出会えるよい年でありますように。
そして,国内でも国外でも,安心して暮らせる人が一人でも多い年になりますように。

  

  

2008年12月12日

メールをくださる方にお願い

山ほどスパムメールが来る関係上,件名だけで判断して多くのメールを削除しております。
具体的に言うと,「はじめまして」「こんにちは」「ブログ見ました」等の一般的なタイトルのメールのほとんどは宣伝であるため、このような件名のブログは直ちにゴミ箱行きとなります。

メールの件名は具体的なものとしてくださるよう、切にお願いいたします。


さて、表紙のカウンターが88万を超えておりました。(昨日か一昨日あたりでしょうかね?)
皆様、いつもどうもです。


今日の牧『くるみ』は見損ねましたが,明日は東バの『ザ・カブキ』を見る予定です。
とっても久し振りなので,楽しみですわ〜。

  

  

2007年09月19日

ブログのカウンターのほうは50万を越えてました。

ブログのほうがアクセス数は多いですから,ふーむ・・・どっちが先に100万になるかしらね〜。

って,こういうどうでもいいこと書いてないでマトモな更新しろよ,つー感じですよね。すみません。

身内の要介護高齢者の今後について,いろいろ調査研究中で忙しいのですわ。
(自分の親の介護をしている等の深刻な話ではないので,「そりゃご苦労さま」程度にご対応ください。まったく更新できないわけではないけれど,マトモな記事は書けない事情を説明しているだけですから〜)


一応チケット関係でお茶を濁しときますね。

サンクトペテルブルグ・バレエ・シアター タッチキン・バレエ 『白鳥の湖』 一般発売:9/22(土)
公演は来年3月らしいですね。

ぴあ 9/20(木)9:00AMまでプレリザーブ中/イープラステイト・コーポレーション

  

  

2007年09月18日

表紙のカウンターが75万を超えました。

それだけで記事にするのもなんですけど,いつもご訪問をありがとうございます〜♪

  

  

2007年07月25日

DVDの紹介については

今後はテキトーつーか,いい加減にすることにしました。(既にそうなっているという気も)
「お♪ 新作」とか「売れそう」とか「私も買うかな」はここで紹介しますが,→の欄にもれなく記載してあちこちにリンクを張るのはやめます。

アフィリエイトの誘惑があるので完全にやめる気はしませんが,費用対効果から言うと,それも大したことないのですわ。
自分の興味に忠実に,「見た舞台・見たい舞台」中心のサイト運営に戻りたいと思います〜。

チケット関係は,とりあえず継続します。
情報を整理しておくと自分が便利なので。


ということで,チケット関係

27日(金)発売
松山バレエ団『くるみ割り人形』
ぴあイープラスバレエ団

28日(土)発売
東京バレエ団「シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2007」
ぴあイープラス楽天チケットNBS

西島千博ほか出演「dance symphony」
ぴあイープラス

東京小牧バレエ団
小牧正英追悼公演『白鳥の湖』全幕
渡部美咲,アルタンフヤグ・ドゥガラー,夏山周久ほか
ぴあ

あらら,既に発売されてましたね。
スターダンサーズバレエ団
ピーター・ライト版『ジゼル』
林ゆりえ,福原大介ほか
ぴあバレエ団

  

  

2007年06月07日

小さな改善

えーと,このブログの→にはいろんな案件がごちゃごちゃ並んでいるわけですが,中には「チケット販売状況チェック」というコーナーもあります。

発売中の公演についてぴあとイープラスにリンクを張っているので(ぴあは,アフィリエイトの広告リンクです),当日券狙いの公演について「どの程度残席があるのかなー?」と眺めたり,買えなかった人気公演について「もしかしてS席の戻り券はないか?」などとチェックするのに使えます。(というか,私がそのように使うために設置しています)

ここに,主催者のサイト内の公演関係ページへのリンクを加えることにしました。これを使えば,日程詳細の確認や最新情報チェックがラクラク〜。
って,自分の便利のための小さな改善なのですが,結果として皆さんにも便利かも? なので,お知らせしときますね。よかったらご活用くださいませ〜。

  

  

2007年05月21日

たぶん昨日だと思うのですが

表紙のカウンターが70万を超えました。
ちなみに60万超えは,去年の9月19日。8か月で10万ということは,1日400強ですね。

でも最近は,こっちのブログのほうが多くなっちゃって,意味のある数字とは言えないような気もしますねー。
あ,ブログのカウンターは→の一番下にあります。

なんか『コッペリア』が始まってから,つーか,王子が出ないことになってから? いつもよりかなーりお客様が多いみたいなんですよねえ。昨日の927というのは,もしかすると新記録かも〜。

いや,よく見ると違う。先週半ばから増えてるんだ。
もしかして,熊川さんの件で世間の関心がバレエに集まって,バレエ関係ブログはどちらもアクセス増とかでしょうか? 皆さんのところはどうですか?

って,どうでもいい話でした。
まとめ:いつもご訪問ありがとうございます〜。

  

  

2006年12月14日

メールアドレスを変えました。

スパムメールがますます増えて(感覚的には,毎日200通くらい来ている気がする)さすがに嫌気が差したので。
新しいアドレスはこちらになります。
tsukimoto@personal.email.ne.jp


◇チケット関係
土曜日発売ですが,明日は留守の予定なので,今のうちに。

東京バレエ団『白鳥の湖』&『ドン・キホーテ』
ぴあ/イープラス『白鳥』イープラス『ドンキ』


◇映画「オーロラ」関係でル・リッシュが登場

eiga.com というサイトのこちら。ちょっとだけです。 
シネマトピックスオンラインというサイトのこちら。今まで目にした中では一番読み応えがあると思います。


◇マリインスキーで思い出したこと

装置も変わったんじゃないのかなぁ? 
1幕1場の背景幕のお城はあんなに大きくなかった気がする。舞踏会は,6年前に玉座が中央奥にあって「?」だったのが上手脇に戻っていましたし。
ついでに,終幕のバックが黒に赤の朝焼けなのもブルーに戻してほしかったのですが,前より黒が増えた感じで基調は同じ。残念だなぁ。ブルーの背景のほうが白鳥と黒鳥がくっきり浮かび上がって詩情があるのになぁ。


以上。

  

  

2006年12月04日

ちょっと面白そうなので

ブログでアンケートができる,というサイトに登録してみました。

とりあえず,質問しまーす。
かねてから「どうなのかなー?」と思っていたから聞いてみるだけで,今後のサイト運営に役立てるような殊勝な気持ちはないのですが・・・。(役立てようもないしー)
該当する行の左の○をクリックして「投票する」ボタンを押すだけなので,手間はかからない(はず)です。よかったら参加してね。






性別・年代を教えてください。
































締切:2006年12月12日18時00分

Powered By クリックアンケート


【追記】
自分で投票してみてわかったこと。φ(.. )メモメモ
1 2回投票しても,2回目は反映されない。
2 「投票する」ボタンを押すと結果(途中経過)が見られる。

  

  

2006年10月04日

メールの件名について(お願い)

私のところには,毎日山ほどスパムメールが来ます。
削除すればいいだけなので,どうってことはないのですが,最近のスパムは件名が凝っていまして,「はじめまして」とか「ホームページ拝見しました」とかがけっこうある。

したがいまして,そのような件名のメールは中を見ないで削除しております。
メールを下さる方は,このような一般的な件名は避けて,より具体的に書いてくださるようお願いいたします。


話は変わりますが,ルジマトフ&インペリアル・バレエの得チケが出たそうで。
S席が8000円だそうですから,よかったらどうぞ〜。
私のオススメは8日です。マハリナは,『シェヘラザード』におけるルジマトフのベストパートナーですから〜。

あと,なにが得なのか? 私には理解しかねる新国『ライモンダ』の得チケもあるみたい。

どちらも間もなくですね〜。


更新記録
世界バレエフェスティバル ガラの感想を第2部まで書きました。

  

  

2006年02月18日

ここは,今日も見られなくなるらしい。

おはようございます〜。

Seesaaさんのトラブルのせいで,ブログが表示されない状態になったり,復旧はされたものの書き込もうとするとうまくいかなかったり・・・が続いておりますが,今日もメンテナンスが行われるそうです。

第一回メンテナンス:2月18日(土) 午前09:00 - 17:00
第二回メンテナンス:2月19日(日) 午前03:00 - 09:00

この作業の結果,快適な状態に戻るよう切に願います。
詳しくはSeesaaからのお知らせをご覧ください。


使えなくなる前に用事だけ書いとこう。

↓のKバレエ『くるみ割り人形』ですが,「いつものことながら主演バレリーナがどなたかは不明です」なんて嫌味を言ってすませないで研究しようとKバレエのサイトに行ってみたところ,康村さん主演のようでした。

でもって,『眠り』追加公演を発見。
2006年3月9日(木)東京国際フォーラムC(有楽町)  
CAST:東野泰子(オーロラ姫)/熊川哲也(フリムント王子)/
Kバレエカンパニー名誉総裁 サー・アンソニー・ダウエル(カラボス)


私は今日は,マラーホフ版『眠り』を見にいこうと思います。
Seesaaさんの作業が順調に進んでくれて,今晩レポが書けますように〜。(その前に,この記事が無事載りますように〜)

  

  

2006年02月11日

トリノ・オリンピックの開会式

→の上のほうをかなり変えました。
バナーが多いとうるさいし,アフィリエイトであわよくば・・・とも思うし,結局,テキストリンクにするのが一番よいだろう,ということで。
ぴあと楽天チケットはアフィリエイト・リンクでマージンの対象です。

そうそう,アフィリエイトというのは,自分で買っても対象になる会社とならない会社がありまして・・・例えばアマゾンはダメなの。要するに紹介料を貰うわけだから,それももっともではありますが,チケットぴあはOKだそうです。
サイトやブログでアフィリエイトをなさっている方は,ついでにぴあのリンクも置いといて,自分で利用してもいいかも〜,と思います。(まあ,紹介料が合計5000円超えないと,実際には受け取れないんですけどね)
提携は,バリューコマースという会社から。

その下のホテル予約のリンクもアフィリエイトですので,バレエ遠征はもちろん,出張やご旅行などの際にもよかったらご利用くださいね〜。

それから,Google提供のテキスト広告が各記事の中で表示されるようにしてみました。(皆さん気付いていらしたかどうかわかりませんが,今まではページの一番下にひっそり置いといたのだ)
なんか,サイトがどんどん妙なモノになっているような気もしますが,どんなもんでしょうかね? Googleの方針で1ページに3個しか表示されないので,下のほうの日記は空白が多くて間抜けのきわみだなー,という気もするので,そのうち断念するかもしれませんが・・・。


というような作業をしながら,オリンピックの開会式(録画放映)を時々眺めていたのですが,あのー,あのトサカみたいなのがついた妙な衣裳で踊っていたのがボッレなんですよね?
「うーむ,なんとも・・・」な衣裳で気の毒でありました。

ラトマンスキー版『シンデレラ』の四季の精(男性の役)とか,ビントリー『ペンギン・カフェ』のシマウマとかを思い出してしまいましたよ。

  

  

2006年02月09日

わ〜い,50万♪

お花の写真を更新して確認したら,表紙のカウンターが50万を超えておりました。るん♪
50万となると,えへへ,やっぱりけっこう感激しますわね。
純粋にトップページのアクセスだけで50万だから,ページビューでいけばたぶん100万超えてるわね,なんて強気に喜んでみたりして。

ということで,今回は独立した記事にしてみました。(今日の日記は↓にあります)
皆さま,いつもありがとうございます〜。

  

  

2005年08月13日

舞台の感想について

日本バレエフェスティバルへの感想に関して,ご意見メールを頂きました。(ありがとうございます〜)

その方が,メールではなくサイト上でのお返事を希望なさっていらっしゃることもありますので,これを機会に,私が感想を書くときのスタンスを説明させていただきますね。

なお,これはメールをくださった方への私信として申し上げますが,以下の私の文章は,いわば「ゼロ回答」です。
ご期待に添えず,たいへん申し訳ありません。ご納得はいただけないだろうと思いますが,ご理解をいただければ幸いです。




私は,自分で見たバレエについて,というより,自分が感じたり考えたりしたことについて,「うっとり〜」も「面白いっ」も「ヘ?」も「全然ダメじゃん」も,全部感想に書きたいと思っています。

「へ?」や「ダメじゃん」については,読んだ方が不愉快になることもあると思いますし,そう感じた方には申し訳なく思いますが,それを考慮に入れてもなお,「私はこう思った」をすべて書くことには意味があると思っています。

なぜなら,自分がほかの方の感想を読む場合,同じ舞台を見てどう思ったか,いい反応も悪い反応もわかったほうが面白いからです。
「そうそう♪ 私もそう思う」や「そうだよね。あれはトホホだったよね」もあれば,「おお,そういう見方もあるのか!」もあるし,「ええええっ,あれを見てそう思うわけ???」もある。
舞台が終わった後でお友達とそういう話をする楽しさの延長線上に,私のところのような個人サイトの意味があると思っています。


マイナスのことを書くときには,表現には配慮しているつもりです。
(実際にはそういう事態はあり得ませんが)「もし私の書いたことを読んだダンサーに紹介されたとしても,普通に会話ができる」ような書き方を心がけています。言い換えれば,(もっと突拍子のない例えですが)私自身があれこれ言われたダンサーだったとしても,「残念だが,そういう意見もあるのか」と思えるような書き方に努めています。

ただ,同じ舞台に対する感じ方が様々であるように,同じ文章を読んでの感じ方も様々ですから,どなたが読んでも不快感がないような感想を書くことは不可能だ,と諦めてもいます。
極端な話,ダンサー本人はなんとも思わない記述でも,ダンサーのお母さんが読めばショックを受けることもあるでしょう。

もちろん,「よくない」と思った舞台やダンサーについては全く言及しなければ,不愉快に感じる方はいなくなるでしょうが,私が読む側に回ったときには「そんなの読んでもつまんない」のです。
ですから,それは絶対にしたくないし,できません。


私自身も,ほかの方が,例えば小嶋さんについて否定的なことを書いていらっしゃるのを読めば,決して嬉しくはありません。
でも,彼が出ている公演で,彼についてなにも書かれていないよりは,悪口であっても,なにか書かれているほうが楽しめます。

「はあ,そうですね。認めたくはないけれど,確かにそれはあるでしょう」と思うこともあれば,「ほほー,そういうふうに見えたのか。なるほどねー」と新鮮な発見をすることもある。失礼ながら「そういう見方をする人は,バレエを見る楽しみを半分以上捨てているというものだ」と不快感を伴いつつ呆れることもあります。

「こんなにすてきなのに,気付いてもらえないなんて。うう,かわいそうだわ」と悲しくなったり,「なんでこんなトンチンカンなこと書くのよっ。どこに目ん玉つけてんのよっっ(←お下品で失礼)」と我が事のように怒ったり・・・できるのも,ファンである醍醐味の一つでありましょう。

・・・話がそれました。ファンのあり方の話ではなく,感想の書き方の話でした。


そういうわけで,私は,誰もが勝手に誉めたり貶したりできて,それを読めるのが,ウエブの面白さだと思っていますし,そういう楽しみ方をする読者です。
ですから,自分が書くときも,(表現のし方の話はともかく)「貶す」こと自体を遠慮するつもりはないのです。

要は「楽しみ方」の話ですから,個人の嗜好です。私と違って「よい話」だけ読みたい方も,たくさんいらっしゃるでしょう。
また,私はこのように自分の書きたいことを書けるスペースを持っていますから,そういう手段を持たない方に比べて,ほかの方のお書きになることについて余裕を持った接し方ができて,許容範囲が多少広いのかもしれません。

私の「楽しみ方」の手法や基準を皆さんに押し付けるつもりはありませんが,ここは私が道楽でやっているサイトですので,必然的に,私の「楽しみ方」に基づいてサイト運営をすることにはなります。

「楽しみ方」の基準が違う方には申し訳ないですし,これまで書いたもので不愉快になられたり,これから書くことで悲しまれたりするであろう方にはお気の毒に思いますが,今後もこのスタンスで舞台の感想を書くつもりですので,皆さまには,その点をご理解の上おつきあいいただければ,と願っております。


では,ルジマトフを見にいってまいります。
今晩なにか書くかどうかは,ちょっとわかりませんので〜。

  

  

2005年07月03日

ハンドルを変えますので〜。

あのー,まことに唐突な話で恐縮なのですが,ハンドルを変えて,これからは,槻本と名乗ることにいたします。

いや,なんとなく,名字っぽいハンドルにしたくなったの。

皆さまにご迷惑をかけるのもなんなので,今までどおり むうん と呼んでいただいてもいいです。とりあえず,槻本が名字でむうんが名前だ,くらいの認識でお願いしますね。すみませんー。

  

  

【昨夜のバレエ 明夜のバレエ】の表紙に戻る

   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。